なぜ注目されているのか

住宅模型

賃貸物件のオーナーであれば、賃貸保証会社のことを知っている人も多いでしょうし、実際に利用している人も増えていると言われています。なぜ今、賃貸保証のサービスが注目されているのかというと、それは家賃滞納に対する有効な手段になると考えられているからです。普通であれば、家賃の滞納が発生した場合、物件オーナーか管理会社が催促を行う必要がありますし、入居者が支払いを渋って上手く回収ができないというケースもあるでしょう。しかし賃貸保証のサービスを利用していれば、家賃の滞納が起きても、保証会社がそれを肩代わりして支払ってくれるのです。つまり滞納が発生しても、オーナー側は家賃を取り逃すことがなく、確実に収入を得ることができるというわけです。しかも賃貸保証のサービスを利用する際に必要となる保証料や更新料についても、入居者の負担になるため、オーナー側は何の費用負担もなくサービスが利用できるという点で魅力があります。最近は、失業などによって家賃を滞納するケースが増えていると言われており、そのことに頭を悩ませているオーナーも多くいるでしょう。しかし賃貸保証会社を活用すれば、家賃滞納のリスクをなくすことができますし、安定した家賃収入を得ることができるようになるのです。そのため、本来このサービスを利用する必要がない連帯保証人を用意できる入居者に対しても、利用を義務付けているケースが多く見られます。

サービス内容について

住宅模型

そもそも賃貸保証会社とは、連帯保証人の代行をするサービスを提供している会社であり、先ほども紹介したように滞納家賃の保証や回収をメインの業務としています。しかしその他にも、原状回復費用や裁判費用などの負担も行っており、幅広いサービスを受けることができるようになっています。ですが保証会社によって、そのサービス内容の範囲は変わってきますし、受けられるサービスが多いほど保証料が高くなる傾向にあるということも知っておきましょう。

利用料金について

住宅模型

賃貸保証会社を利用する際は、保証料や更新料を支払う必要がありますが、それは入居者の負担になります。相場は、保証料が家賃の0.5カ月分程度で、更新料が家賃の0.3カ月分程度(または1万円程度)になると言われています。これらの費用は、入居者が連帯保証人を用意できるのであれば余計な負担になるので、そうした人に対して利用を義務付ける場合は十分な理解を求めることが必要になるでしょう。あるいは余計な負担を入居者にかけることになる場合は、敷金礼金を安くしたり、1カ月間家賃を無料にするなど負担を軽減する工夫をするものよいと言えます。

広告募集中