HOME>アーカイブ>投資における戦略を上手く立てることを考える

投資を開始する

住宅模型

低金利の時代は借入が容易となり、不動産投資の人気が高まる傾向があります。昨今の不動産投資はインカムゲインを得るものが主流となっていて、マンション経営などで家賃収入を得るのが人気で、サラリーマンがマンション経営をする場合も多くなっています。投資先にはマンションや戸建てなどいろいろあります。不動産取得までは手間ですが、一度取得すればあとが楽である特徴があり、安定した家賃収入が期待できます。昨今の不動産投役資はいわゆる投資用不動産や収益用不動産を取得して家賃収入などのインカムゲインを得るものが主流となっていて、キャピタルゲインよりもインカムゲインを狙う安全志向となっています。

様々な戦略を持つ

相談

不動産投資はサラリーマンの中で人気となっています。中古マンション·ワンルームマンション(区分所有)への投資、中古戸建て住宅への投資などは人気となっていて、木造アパート(一棟)への投資も人気です。不動産投資をする目的は人によってさまざまですが、最近は会社員などの本業以外で安定した収入を手に入れたい人も多くなっていて、将来の年金不安に備えたいために不動産投資をする人は増えています。木造アパートなどは費用がマンション一棟丸ごと投資するよりも費用が安くて人気があります。

投資対象を考える

住宅模型

サラリーマンが不動産投資をする時は、事前に不動産に関する情報を上手く得て戦略を上手く立てる必要もあります。木造アパートは解体費用が安くて、駐車場にする時に便利です。不動産投資を取り巻く環境は日々変化していて、木造アパート投資をした時は、解体した後のことを想定するのも大切です。不動産投資の費用を考える際には、収益率を考える必要があります。大きな利益が狙える場合は、積極的に借り入れをして投資を拡大していくことも有益です。

広告募集中