HOME>記事一覧>不動産に関する知識を身につけて優良物件を獲得しよう

成功するための案件とは

サラリーマンが不動産投資で成功するためには、将来を見据えても入居者途絶えず、家賃がずっと入り続ける物件を選ぶことがとても重要です。家賃がずっと入り続けるためには、今後も人口増加が見込まれ、新規物件供給が困難なエリア物件を選ぶことがポイントです。例えば東京都都心部の物件は、その有力候補となりえます。東京には23区ありますが、その中でも都心部に近い区部を選ぶことが大切です。

投資の成否を握る鍵とは

サラリーマンが不動産投資で成功するか否かのポイントは、対象となる物件に入居者がつくかどうかです。東京都心部で物件を選ぶ場合、例えば駅から近い物件というのは、入居者がつきやすい条件の1つになります。その他にも、周辺に商業施設が集まっているなど、利便性も重要なポイントです。

本を読んで知識を身につけよう

サラリーマンが不動産投資で勝つためには、不動産に関する知識を身につけたり、最新のトレンドをしっかりチェックしたりすることがとても大切です。そのためには、不動産投資の書籍を最低でも5冊以上、しっかり読むことが求められます。

セミナーにも積極的に参加しよう

最新の情報収集は、不動産投資では必要不可欠です。不動産投資に関連する雑誌を読んでも良いですが、プロが開催するセミナーに参加することも、情報収集の方法としてとても有効です。サラリーマンであれば、土日祝日などの休日を利用して参加すると良いです。

広告募集中